Google Search のアップデートで日本語入力の予測変換が効かなくなる気がする件の改善方法(Android)

今日は不動産業とは直接関係のない記事です。スマホネタです。

women | men | robots
Creative Commons License credit: Paul Keller

 

Android端末を使っている人なら馴染み深いGoogle Search。ウィジェットをホーム画面に置いている人も多い事でしょう。今年に入って、この Google Search がアップデートされました。

今回のアップデートでちょっと困ったことが…。日本語入力システムの変換候補が画面に表示されなくなってしまいました。同じように困っている人もいるはず。

スポンサーリンク

■POBox Touch の予測変換が使えなくなった??

アップデートしたらウィジェットのデザインも変わって、前よりは自分の好み。

アップデート前
gsearch01

アップデート後
gsearch02

「よしよし」と思って検索をしてみたら、最初困惑しました。Google検索の検索候補は出てくるのですが、日本語入力システムの予測変換候補の方が出てきません。

私のスマホ Xperia arc には、日本語入力システムとして POBox Touch が搭載されています。今まではGoogle検索の検索候補とは別に、この POBox Touch の予測変換が下の方に出ていたのですが、何も表示されなくなってしまいました。

アップデート前
gsearch03

アップデート後
gsearch04

Google の検索候補の中にぴったりのものがあれば問題ないですが、いつもいつもそんな筈ありません。普通に漢字変換した結果に対する検索候補を希望しているのに、それが出来ない。それでは全く使いものになりません。

うーん。

日本語のように漢字とかなが混在しているような言語でなければ、もしかしたら検索候補だけで足りるのかも知れませんが…。

 

■「スペース」キーまたは「英数・カナ」キーで変換候補が出た!

ものすごく頻繁に使っている Google Search なだけに、かなりがっかりしていたのですが、少しいじっているうちにPOBox Touch の変換候補を表示・選択できる方法がわかりました。

それは、入力中に「スペース」キーまたは「英数・カナ」キーをタップすることです。

gsearch05

他の端末で試していませんが、たぶん同じように動作するのではないかと思います。

 

■予測変換システムの利点をスポイルしていることは確か

アップデート前は何かのキーをタップすることなく、入力を進めるに応じて変換候補を予測して表示されていましたが、この方法だと一度タップしなければいけない分面倒ではあります。

また、入力を進めるに連れて変換候補が変化していき、すべて入力しなくても候補の中に変換したい候補を見つけられるのが予測変換の価値です。この方法だと、変換したい言葉をひらがなで全て入力してからタップしないと使いものになりません。つまり「予測」ではなく普通の変換になってしまいます。

 

■どうしても合わない場合はアップデートをアンインストール

私としては、1タップしなければならない点も、普通の変換になってしまう点も、そう大きく不便を感じはしないのでこのまま新しいバージョンで使ってみようと思います。

しかし、Androidマーケットのユーザーレビューでは、この件に関する不満がたくさん書きこまれています。

このパージョンが合わないと感じる場合は、アップデートをアンインストールして前のバージョンに戻すと良いです。

アップデートのアンインストールは、ホーム画面でメニューキーを押し、「設定」→「アプリケーション」→「アプリケーションの管理」→「Google検索」→「アップデートのアンインストール」で行えます。

 

■おまけ - 検索対象から電話帳を外す

Google Search の検索設定で、検索対象にどこまで含ませるかを選択ができるのですが、アップデートすると設定が初期化されるのか、「電話帳」も検索対象になってしまいます。

検索している様子を誰かに見せることがあるかもしれませんが、そんな時、見られたくない電話帳の内容が検索候補で出てきてしまうかもしれません。

Google Search の画面でメニューボタン(端末右下のボタン)を押すと出てくる「検索設定」から検索対象の設定ができますから、冷や汗をかく可能性のある方は、一度確認しておいてはどうでしょうか。

gsearch07

gsearch08

 

次回こそ、不動産業開業にかかわる記事を書きたいと思います。

関連記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク


関連しているかもしれない記事

griffin

グリフィンです。不動産業もWordPressも関わるようになってまだわずか。それを差し引いてお読みください。コメントはお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">