不動産業界の先輩とお話してきました。

先日、不動産屋の社長さんに会いに行ってきました。以前、宅建協会のセミナーで個別相談対応をしてくださった方(詳細はこちら)。

node
Creative Commons License credit: Uqbar is back

 

スポンサーリンク

特に何かアドバイスを受けようという目的ではなく、単なる挨拶です。業界に知りあいもいないし、その社長さん、とてもいい方なので、メリット云々ではなく、お付き合いを続けさせて頂きたいと思った次第で、連絡して厚かましくおしかけちゃいました。私の開業予定地からは離れていて商圏がかぶらないというのも丁度いいかな、と思います。

 

私の滞在先(一応事務所と呼んでますが)からは車で1時間ぐらい、途中通過する都心部(?)で菓子折り買って向かいます。結構田舎で道中は田んぼや畑がいっぱい。協会支部での会合がある日だそうで、協会支部でお会いすることにしました。

協会支部はこじんまりしていますが、専任の事務員さんも数名いらっしゃって、雰囲気は和気あいあいとした感じ。私が到着した頃、ちょうど会合が終わった時間で、たくさんの役員さんたちが帰って行くところでした。協会役員の仕事も色々大変そうですね。ただ、詳しくはわかりませんが、日当も出るそうです。

 

この社長さん、実質一人で会社をやられています。事務所もご自宅。前職は不動産業界とは全く無関係の事務職で開業時は業界未経験だったそうです。

最初は、売り物件獲得のために毎週自分の足でポスティングをし、客付できる物件をまわしてもらえるよう他の不動産会社をまわったそう。社長いわく、当時は「ああ、そんなのないや」みたいに無碍にされることばかりだったけれど今の状況は当時とは全く違う、とのこと。

売りの依頼が初めて来た時は、何をどう調査したら良いか等もわからず、信頼できそうな他の会社にお願いして一緒に行動させてもらったそうです。その時に、先輩業者がお客さんに話していた内容は、今でも一言一句忘れていない、それくらい緊張して聞いていた、とのことでした。「そういう場合、手数料は折半以上渡すんですか」ときいたら、「もちろん渡すけど、折半以上ってことはありえない」とのことでした。

今はポスティングも一切せず、広告費もほとんど使わず(アットホームに数件載せるぐらい)、お客さんからの紹介で成り立っているそうです。ホームページも開設されていません。超アナログですが、それでやって行けているのだから、すごいです。ホームページはあった方がいいとは思われているみたいでしたから、そのうちお手伝いしてもいいかな、と思います。今は余裕がないので言いませんでしたけど。

自宅事務所は不便ではないかとお聞きしたのですが、ほとんどの場合、社長の方が出向いて契約手続きをするそうです。クーリングオフの関係があるので、お客さんに指定してもらって自宅に行くなどするそうです。まあ、ご高齢のお客さんが多いらしく、その場合はお客さんにとっても都合がいいのでしょうね。多少、田舎ならではなのかな、という気もしました。

それから、色々なカラーのある業界の中の会社、競合するだけじゃなく、自社の得意分野でないものは情報を他社にまわすというやりとりがやはり良くあるそうで、周辺業界(建築等々)含め、ひょんなことでも出逢った人と繋がるのが大事、みたいなお話をされていました。情報をもらってお金になったら、気前よく謝礼を払うのだそうです。

ただ、何の脈絡もなく持ってこられる「おいしい」話には警戒した方がいいよ、ともアドバイスを頂きました。実際は裏のある話ばかりじゃないだろうけれど、少しでも腑に落ちない場合は安全のために遠慮するのがいいとおっしゃってました。

 

話の流れで、いわゆる「抜き」サイト(こちら参照)の話題になった時、「それはえげつないねえ、でも、そんなことでも商売のことを考えるヒントにはなるね」とかなり熱心に食いついておられました。この辺の動向には私の方が詳しかったので、色々質問されました(笑)。

そんな話をしながら思ったのは、業界内のルールというか慣習というか、礼儀というか、そういうのって、ある一線を越えるところまでは多少グレーな感じでも、「まあ、商売だからお互いさまだよね」って感じなんだな、ってこと。反面、一線を越えると完全に「!!!」って感じになってつまはじきになりそうだなってこと。この社長さんから受けた印象に過ぎませんけどね。そもそも、そういうことをする会社は確信犯でしょうからそんなことは気にしないでしょうけど。

 

社長さんからは、「開業してからも仲良くしてね。契約書とか重説のこととかでも何でも、わからないことがあれば気楽に電話してね。」とおっしゃって頂きました。協会入会の推薦人についても、改めて「協会経由の推薦人じゃなくて個人的な推薦人ということで是非引き受けますよ」とおっしゃって頂き、ありがたい限りです。

ちなみに、協会への入会に必要な推薦人2名は、人脈のない方でも全く問題ないはずです。協会に相談すれば、何とかしてくれるはず。私の場合、もう1名の推薦人は、入会する協会支部での紹介をお願いする予定です。

 

尚、うさぎマークの不動産協会の方だと、推薦人は不要です。会社法人で入会する場合は、代取が連帯保証人になる必要があるそうですが、個人入会の場合は連帯保証人は不要な模様です。この辺については、不動産協会の方が少しだけハードルが低い気はしますが、全宅の方も、前述の通り推薦人を紹介してくれるそうですので、あまり差はない気はします。一応、入会審査としての面談はあるようですけどね。

 

そういえば、協会支部に来た家賃保証会社の営業マンとも名刺交換して話しました。たぶん、わりと大手だと思ったので、案内ももらっておきました。サラリーマン時代に、信販会社数社と取引があったのですが、やっぱり営業マンの雰囲気は酷似していました(笑)。不思議なものです。

 

開業準備のひとつだと考えて、「人と会う」ということをどんどん増やしていこうと思っている今日この頃です。

関連記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク


関連しているかもしれない記事

griffin

グリフィンです。不動産業もWordPressも関わるようになってまだわずか。それを差し引いてお読みください。コメントはお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">