ドコモのスマートフォンの電源を一度ON/OFFしたほうがいい件(2011年12月21日現在)

Firefox Mobile
Creative Commons License credit: Johan Larsson

NTTドコモのスマートフォンユーザーが利用しているspモード。2011年12月20日にspモードに関して重大な不具合が発生したらしいです。

私も今年の4月からドコモのスマホに換えましたが、このspモード、良く通信障害やらなんやら発生しがち。しかし、今回の不具合は普通じゃない感じ。

NTTドコモのページに掲載されたお知らせから引用すると、

スポンサーリンク

—————————————————————————————————————–
(1)お客様がご自分のspモードのメールアドレスを確認した際、別のアドレスに置き換
わっています。
(2)spモードメールを受信した際に、送信者とは別のspモード契約者から送信されたよ
うに表示されます。この受信メールに返信すると、表示されている別のspモード契約者
に送信されます。
—————————————————————————————————————–

■NTTドコモのページ → spモードの不具合について(2011年12月20日 (2011年12月21日更新) )

………ん?すげえヤバいじゃん!見知らぬ他人のメアドが見えたり、自分のメアドが他人に流出したりするってことですよね。うーん、それって通信事業者の起こす不具合としては、かなりヤバいものじゃありませんか。

■ITmedia +D Mobile のページ → 「あってはならない」個人情報流出の可能性も――ドコモがspモード不具合の経緯を説明

上記の記事によると、spモードサーバで起きてしまった不符号(アンマッチ状態、自分のスマホに他人のメアドが設定されてしまっていることがあるらしい…)は、自動的に解消されることになっているらしいのですが、スマホを再起動することでも解消されるらしく、ドコモもユーザーに電源ON/OFFを呼びかけているらしいです。

ちなみに、私のスマホを見たところ、「マイアドレス」は正しく自分のものになっていました、が、念のため電源ON/OFFしときました。

繋がり易さ、という点でドコモを使い続けていますが、spモードに関しては結構トラブル多いです。通信障害もそうですし、spモードそのものの不具合ではないけれど、ドコモ公式アプリの「spモードメール」も不具合続出。バージョンアップしたら端末に保存してたメールが消えてしまったなどのトラブルも多く報告されていて(私は見た事ありませんが)、安心してバージョンアップできない感じ。最新のバージョンでは不具合解消したとされていますが、一部ユーザーからはまだ不具合報告が出ていて、私はまだバージョンアップしていません。

少しずつ溜まって行く不安・不満や、それに追い打ちをかけるような大きなトラブルが、客の心理には大きな影響を及ぼします。まあ、他のキャリアにもトラブルはあり、ドコモ特有の問題とは思いませんが…。

iPhoneやAndroid端末などに関心が集中するのは当然でしょうが、それも通信事業の根幹部分に信頼性があってこそのこと。当たり前のようなことで派手さはなくても、ユーザーのキャリア選択判断の材料として結構重要なポイントだと思います(ユーザー本人がそれをすごく意識しているかどうかは別として)。

どんな商売をするにしても、商品・サービスにどんな付加価値を与えることができるかはとても重要ではあります。しかし、その商品・サービスが基本的に持っている価値の部分にどれだけ磨きをかけているかという点は、いわゆる「飛び道具」では崩せない、確固たる優位性になりうる、それ自体が付加価値と言ってもいいものだと思います。

不動産業を営んでいく上でも、忘れないでいきたいと思います。

かなり、話が飛躍してしまいました…。

関連記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク


関連しているかもしれない記事

griffin

グリフィンです。不動産業もWordPressも関わるようになってまだわずか。それを差し引いてお読みください。コメントはお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">