スッキリしましたー。

早い時間ですが、何となく気分転換したいのでちょっと更新を。

General dealer © by Ben Sutherland

スポンサーリンク

先日の記事、「1件の内見のためだけに遠方から来るお客さん。」で書いた店舗物件の件ですが、無事決まりました。

先程、無事入居の承認も下りました。すぐに、とんぼ返りしたお客さんに連絡をしたら、「とてもうれしいです!」と言ってくれました。私もすごくうれしい。

 

 

お客さんは最初からすごく気にいっていたのですが、一点だけ物件内部でひっかかっている部分がありました。その部分を内装でどれくらい対応できるかがイメージできないので、最後の決断が出来ないという状態。無理にプッシュしたくはないのですが、今回はあまり時間をかけすぎると他から申込が入る可能性が高いので、どうしようかな……と思っているうちにひらめきました。

いい実例があった!

「下のお店に良い実例があるので、見させてもらいましょう。」
とお客さんを引き連れ、仲良くしている下のお店へ。まだ開店前の半開きのシャッターをくぐり、「ごめんねー、ちょっとお店の内装を見させてー」
です。

お店の夫婦とはすっかり超仲良しなんですが、とはいえ開店前の忙しい時間に気さくに応対してくれて本当に感謝。

お客さんは実例を見て納得。申込意思が固まりました。

しかし慎重に貸主さん側の制限がないかなども再度確認。結構細かいやりとりでしたが、結果、問題なしでスッキリ。

 

 

お客さんからは特に強い交渉希望はなかったのですが、お客さんから「任せます」との言葉を頂き、私の裁量で申込書提出直前に条件交渉しました。貸主さんの心証にも配慮しなければいけないので、慎重にソフトに元付さんと相談しましたが、メインの希望は通してくれました。

(ちなみに、一番交渉しやすいタイミングっていつなんでしょうね。私は色々考えて申込書をFAXする直前に「今から申込書を出したいのですが、その前に…」という感じで話すのが一番やりやすいと勝手に思っているのですが、本当にそうなのかは自信がありません。)

元付さんも、対応が迅速で、細かいことにも配慮があって、客付の立場もわかってくれる良い方でした。ラッキーでした。

 

 

お客さんご夫婦は長距離をとんぼ返りされたのですが、お二人ともニコニコして店を出て行かれた時は、とても充実感がありました。

加えて、「こちらでの新居もグリフィンさんに探してもらいますので、よろしく。」との言葉も頂き感謝です。

 

 

契約・入居まで気を抜かずにきっちりやります。開業されたら、もちろん応援したいと思います。

 

——————————-

さて、そのほかの予定は、ドタキャンがあったり、うちへの予約時間前にまわった不動産会社で決まったという連絡があったりで、不発でした。他の予約があると、お客さんに時間をずらしてもらわなければいけないのは、やっぱり辛いところです。

 

一方で、ドタキャンを食らった時間帯に、「今から行ってもいいですか?」といきなり電話をもらって、10分で物件揃えて、鍵手配して(幸い現地鍵ばかりでしたが)、と慌てた場面も。でも、初めての物件も含め、何とかスムーズに案内もできました。

お客さんの希望で徒歩での案内だったのですが、ご家族3人のお客様と楽しく話しながら、色々なアドバイスも求められ、自分にとっても勉強になりました。

お客さんの希望条件が厳しいのと、入居予定がまだ先なのもあり、残念ながら今日は決まりませんでしたが、今後の部屋探しの依頼を頂き、次回来店の約束も頂きました。

 

 

打率は高くありませんが、少しずつ慣れてきたのかもな、と思えた一日でした。

————————–

 

 

ここのところ、毎日のようにブログ更新していますが、来週は色々あってちょっと滞ると思います。

 

関連記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク


関連しているかもしれない記事

griffin

グリフィンです。不動産業もWordPressも関わるようになってまだわずか。それを差し引いてお読みください。コメントはお気軽にどうぞ。

6件のコメントが “スッキリしましたー。” にあります

  1. griffinさん、お久しぶりです。
    いつもコメント読ませて貰ってます。
    お仕事、順調に回ってきてますね。私の方はと言いますと
    中々理想と現実は違いますね、先日も契約日の事ですが
    重説書と契約書を作成して、お客様を待って時間どおりに
    お客様が来られたのはいいのですが、重説を始めようとした途端に
    キャンセルしたいって事でお聞きしました。正しくドタキャンです
    本当に心が折れそうになりました。こんな事が希に有るのかと、
    思うと不安で仕方がないです。私は客付けなのでいいかも知れないけど
    大家さんの事を思うと本当に心が痛いです。
    グリフィンさんならどのような気持ちで気持ちの切り替えをされますでしょうか。

    1. なかむらさん、こんにちは。お久ぶりです。
      今日も予定変更になり、この時間帯、暇になっちゃいました(笑)。一人でやっていると、ドタキャンやアポ変更は痛いですね。

      重説・契約書を目の前にしてのドタキャンはダメージが大きいですね。本当、心中お察し致します。

      私の基本スタンスは「お客さんは心変わりするもの」です。ドタキャンなどは痛いですが、「そういうもの」と思っているので、「がっかりする」という心理的ダメージはあまりありません。

      物事は変化する方が自然で、変わらずにいる(いさせる)ためにはそれ相応のエネルギーが必要。そして、いくらパワーを使っても変わるときは変わってしまう。変わる方が自然だから。そう思っています。

      大げさな言い方ですねー(笑)。

      言い換えると、お客さんは会社に期待するのが当然、会社としても期待されるようになるべき。でも、会社はお客に期待しない、という感じでしょうか。

      業界は違いますが、以前の仕事の経験からもそう思っています。
      お金を払って頂くまでにそれなりの労力をかけていても、直前でキャンセルになったり、お金を払った後キャンセルになったり。途中解約とか。

      もちろん、信義に厚いお客さんもたくさんいましたが、多少理不尽というレベルのキャンセルならたくさんありました。揉めることもあって、そういう場合の処理をたくさんしました。単なるクレーマーには毅然と対応しすることにしていましたが(説教して泣かせたことも(笑))、それ以外は丁寧に粛々と、かつ会社のイメージを保つように。

      ただ、一番きついキャンセルは、こちらに否がある場合のキャンセルです。私はこれの処理のために100人以上の顧客と連日アポを調整しては個別に面談し、お詫びと説明と処理の調整をしたことがあります(全てが終わるまで5ヶ月かかりました)が、お客さんの都合でキャンセルされる方がよっぽど楽だと思いました。

      暇なんで無茶苦茶長くなっちゃいました。

      私もまだまだ順調だなんて言えません。
      頑張らなくては。
      なかむらさん、応援しています。

  2. グリフィンさん、こんにちは。
    お仕事、だんだんスムーズに回ってきてるんですね。
    良かったです。
    私もそんな感じで仕事ができるまでどのくらいかかるかな。

    グリフィンさんからアドバイスいただいたおかげで、
    会社の商号も大体方向性を決めました。
    これからもよろしくお願いします。

    1. ラストショーさん、おはようございます。
      「一度でもやったことがあること」が増えると気持ちも少し楽になります。
      本当にまだまだですけどね。

      社名決まりそうで良かったですね。
      こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

  3. 良い感じですね。

    そういえば、グリフィンさんのお仕事用のホームページは、検索すると前より上に上がって来てるのでしょうか?

    上がってるから、反響もあるんでしょうね。

    1. おはようございます。
      検索結果は、「駅名+賃貸」だと5位ぐらいです。
      ただ、このキーワードの検索ボリュームがあまり大きくないこともあり、思っていたよりも細かいキーワードでのアクセス比率の方が高いです。
      例えば、「○○区○○町賃貸」とか「駅名+リノベーション+賃貸」とかで個別の物件ページにアクセスが来ています。
      あとGoogle Adwords も使っています。
      アクセス数の絶対数は決して多くないのですが、ごく狭いエリアで探している人に対しては目立つことができている気はします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">