不動産プラグイン

unplugged
Creative Commons License  credit: billaday

このサイトには、WordPressで不動産賃貸・売買のサイトを構築できる「不動産プラグイン」(http://nendeb.jp/)を入れてあります。(注:その後、正式な企業サイトの方で使用することに決めましたので、こちらのサイトからは外しました。ただ、使用していく中で、共有すべき内容等あればこちらに書きます。)

スポンサーリンク

このプラグインを入れるだけで、一定水準の不動産屋サイトは作成できそうです。国産プラグインなので、日本の取引規制・慣習等に沿って開発されているようです。入れてみたら、かなりの優れもの。物件の条件検索なども簡単に設置できますし、物件データのcsvでの取り込みも出来ます。

しかも、無料なんです。すごい!ありがとうございます!

シリーズとしては、不動産携帯プラグイン(有料)・不動産マッププラグイン(有料)・不動産会員プラグイン(無料)・不動産マッチングメールプラグイン(有料)があります。

無料の不動産プラグインと不動産会員プラグインだけでも、かなり楽に不動産サイトを作れると思います。

テーマについては、 Twenty Tenをベースに作られており、サイトデザインを変更したい場合は、不動産プラグイン用のテーマも用意されています(有料)。試してみたところTwenty Elevenでも問題はなさそう(確認中です)。

有料のテーマを購入するのがてっとり早いですが、とっても定型的なイメージのデザインに感じられるので、本当は自分でデザインしていきたいところ。cssを自分で変更していこうかなとも考えています。私には結構大変な作業ではありますが…。

ただ、Twenty Elevenが実現してる「マルチプラットフォーム化」っていうか(?)、「レスポンシブルwebデザイン」っていうか(?)は、不動産プラグインを入れた状態では効かないようなので(テーマのindex.php/home.phpを読みにいかないからでしょうか…たぶんです…)、Elevenにする理由もあまりないような気もします。参考資料も多いTwenty Tenをいじる方がいいのかも知れません。

いずれにせよ、このサイトで実際の不動産物件の仲介も紹介もするわけではなく、あくまでお試しとして触るために入れています(そのため、物件情報っぽい体裁のページや、物件検索窓などが出てて紛らわしいですが何卒お許しを)。

サイト構築に関しては、他にも有料の不動産業支援システムがとっても気になっています。月々のランニングコストかかるとは言え、物件管理・顧客管理・広告作成などを一元的に処理出来るとすれば、かなり魅力的な気はします。しかし開始にあたってはできるだけ節約してスタートし、多少軌道に乗ったら色々と投資していく(店舗づくり等についてもそうです)、そういう考え方でいこうと思ってはいます。

関連記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク


関連しているかもしれない記事

griffin

グリフィンです。不動産業もWordPressも関わるようになってまだわずか。それを差し引いてお読みください。コメントはお気軽にどうぞ。

1件のコメントが “不動産プラグイン” にあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">