WordPressで記事一覧を出力するならプラグインList Category Postsが便利。

WordPressで記事一覧を出力したいとき、いろいろ方法はあると思います。
当ブログの全記事一覧のページも、以前はオリジナルの「記事一覧ページテンプレート」なるものを作って対応していました。

しかし、全記事一覧、カテゴリー別の記事一覧、あるいは一覧も10記事だけ出力したい、などいくつかニーズがあり、楽な方法を探してみたところ、プラグインList Category Postsが便利だったのでメモしておきます。

By: sunshinecity

スポンサーリンク

 

1.  ショートコードを記入するだけで記事一覧を表示できる。

 

List Category Posts では、プラグインをインストール後、ショートコードで記事一覧を表示できます。

テキストエディタで記事内の任意の場所にショートコードを記入。

例えば、カテゴリーID=1の記事を、10記事、日付とともに一覧出力する場合のショートコードは次の通り。

 

 

(1) パラメーターは色々

使えるパラメータには色々あって、上のものを含め、

 

id(出力する記事のカテゴリーをIDで指定)

→ カテゴリーID 1 の記事を出力

 

name(出力する記事のカテゴリー名またはスラッグを指定)

→ カテゴリー名「fudosan」の記事を出力

 

tags(出力する記事のタグを指定)

→ タグ「chintai」の記事を出力

 

等々あります。

 

また、複数のカテゴリーの記事をまとめて出力したい場合は

→ カテゴリーID 1 と 2 の記事を合わせて出力

などとすればよく、

他にも、
numberposts (出力する記事数を指定)
date (日付とともに出力)

などと組み合わせると

→ カテゴリID 1 と 2 の記事の一覧を日付とともに10記事出力する

などとできます。

 

さらに、並べ替えの仕方を指定するパラメータなど多数のパラメータがあります。
詳細はプラグインのページをご覧ください。
参照: WordPress › List category posts « WordPress Plugins

また、こちらの記事でも易しく解説されています。
参照: List category posts – カテゴリやタグの記事一覧を記事内に表示できるWordPressプラグイン – ネタワン

 

 

(2) プラグイン設定ページの「number of posts」を設定

尚、カテゴリーに関わらず、ブログの全記事の一覧を表示するのは、

などとして、出力する記事を限定しなければ良いだけです。

ただし、List category posts の設定ページで、出力する記事数のデフォルトを「無制限」に設定しておく必要があります。

list_category_posts
<Number of posts に ” -1 ” を入力して変更を保存>

 

 

2. ウィジェットも使える。

ウィジェットもあるので、サイドバーなどに記事一覧を表示するのも簡単です。

サムネイル表示なども簡単(サムネイル表示されるのはアイキャッチ画像に設定している画像です)。

list_category_posts_widget

 

 

3. テンプレートシステムもグッド。

List category posts には、”テンプレートシステム” があります。

これは、WordPressのテーマで言えば子テーマのようなもので、オリジナルのPHPファイルでList Category posts をカスタマイズできるようになっています。

プラグイン本体を編集するのではなく、別の場所(具体的には子テーマのフォルダ内)に保存したPHPファイルでカスタマイズする方法を取っているので、たとえばプラグインのバージョンアップをした場合もカスタマイズ内容が失われることはありません。便利です。

例えば、List category posts デフォルトでは、日付とともに記事一覧を出力すると、「記事→日付」の順に出力されるのですが、これを「日付→記事」の順に出力する等々のカスタマイズに使います。

 

最初、このテンプレートシステムがあることに私自身は気づいていなかったのですが、下記のページ等で知り、参考にさせて頂きました。

テンプレートシステムの詳細はこちらをどうぞ。

参照 : カテゴリ別のメニューを記事内にサムネイル付きで作成できる【List category posts】 | 初心者のワードプレス 基本のカスタマイズ

参照 : WEBデザイン制作 Studio Cha-Han | List category postsの記事タイトルを表示しない

参照 : WEBデザイン制作 Studio Cha-Han | List category postsの表示項目の順番を入れ替える

 

 

プラグインが増えすぎるのも考えものですが、いくつものパターンで記事一覧を出力する場合は、PHPコードをいじるよりも簡単ですね。

カテゴリー別のリストページを作りたいとか、「お知らせ」だけピックアップ表示したいとか、ブログとしてというよりも企業サイトなんかで使うのは便利な気がします。

関連記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク


関連しているかもしれない記事

griffin

グリフィンです。不動産業もWordPressも関わるようになってまだわずか。それを差し引いてお読みください。コメントはお気軽にどうぞ。

9件のコメントが “WordPressで記事一覧を出力するならプラグインList Category Postsが便利。” にあります

  1. 初めまして、昨年2014年8月に開業しました。33年間勤めたところを定年退職し、残された人生を、人に左右されず、認知症予防のためやってみようと挑戦しました。しかし、これまで組織人として生きてきましたので、全く一人で何もかもしなくてはならず、また、もう少しで1年になるのに、成約がありません。ちょっと不安と焦りがあり、閉業しようかと考えていたところ、グリフィンさんのブログを昨日(5月12日)に見つけました。
    読んでいるうちに、初心に戻り、一休さんではありませんが、人の世は、食うて稼いで(糞して)、寝て起きて、さてその後は、死ぬるばかりよの心境で取り組もうと勇気が出ました。これからもよろしくお願いします。

    1. たけしちゃんさん、はじめまして。
      成約がないと不安ですよね。わかります。
      私自身も不安なことは多々ありますし、そういうときは、他がどうしているかが余計に気になったりもします。
      でも、独立した時に何の保証もなくてもやるしかないと思ったことや、(変な言い方ですが)所詮自分は自分でしかないということをつくづくわかっていたことなどを思い出して、とにかく自分らしくもがくしかないと思います。
      私もここからまた頑張ります。たけしちゃんさんも頑張ってください。
      ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

  2. GRIFFINさま はじめまして。CHOCOと申します。私も未経験で不動産屋を開業しようと考えており、不動産屋さんの1ヶ月のランニングコストってどのくらいだろうとネット検索したところ、GRIFFINさんのページに辿り着き拝見させていただきました。
    どの記事も、「なるほどっ」と、とても参考になるものばかりで、また未経験で不動産屋を始める者にとって、とても勇気付けられる記事ばかりです。wordpressを使ったHP運営など、当方の知識が足りず記事内容に付いていけないものもありますが、そのあたりの勉強もしながら、これからも拝見させていただこうと思います。
    とても為になる記事をありがとうございました。

    1. CHOCOさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      未経験開業される方の少しでもお役に立てたならとても嬉しいです。
      最近は頻繁に更新できていませんが、CHOCOさんのように読んでくださる方がおられると励みになります。少しずつでも続けていこうと思います。

      未経験での開業は大変なこともありますが、是非がんばってください。WordPressも慣れるととても便利ですよ。

      今後ともよろしくお願いします。

  3. グリフィンさん いつもありがとうございます。
            ワードプレスの情報は非常に助かります。なかなか上達しませんが
            更にバージョンアップしたいのですがなかなか難しいですよね。

            お大事にしてくださいね。

    1. キャイーンさん、いつもありがとうございます。

      WordPressの情報はWebにたくさんあるものの、自分のレベルに合っていて、かつ信頼できる情報になかなか辿り着けない時もありますよね。

      やりたいことを一つ一つコツコツ実現していくしかないですね。

      身体気をつけます。
      ありがとうございます。

CHOCO にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">