検索順位が下がってヤバいんですが、あたふたしないことにしました。

賃貸サイトのGoogle検索順位が下がってしまいました。Yahooも同じアルゴリズムなので同様です。

By: Anthony Easton

スポンサーリンク

とある主要キーワードでは、この2年間ぐらい、2位か3位に安定的に出てきていたのですが、現在は1ページ目の最後か2ページ目の最初あたりをウロウロしています。競合サイトの中に大手なのに何故かスマホ対応されていないものがあるので、スマホだとかろうじて1ページ目に安定表示。PCは1ページ目の最後か2ページ目の先頭です。

 

ヤバい!
情けないですが、気づいた時冷汗がでましたよ。

 

ネットで集客している以上、サイトへの一定数以上のアクセスが必要です。今はあまりアクセスの多い時期ではないですが、やはりまずい。リスティング広告(Google AdWordsなど)でしのいでいく手もありますが、それをずっと続けたくはありません。

2ヶ月ぐらいかけて8・9位ぐらいランクを落としてしまったようなので、何か特別に問題があるのではないかと確認してみました。特に、4月にモバイルフレンドリーアップデートの関係で(過去記事参照 : Googleがスマホ対応の有無を検索順位結果に影響させるそうです。 モバイルフレンドリーアップデートによるGoogle検索順位の変動は確かに始まった模様です。 )、WordPressのテーマを変更したので影響が不安。確かにその辺から順位の下落が始まっている気がするのですが、Googleウエブマスターツールなどで確認してもよくわかりません。ただ少なくとも何かのペナルティがあったわけではなさそう。もしそうならもっと圏外に吹っ飛んでいるでしょうし。

 

ポータルの営業マンの話によると、各社ともにここへきてさらにSEOを強化しているとかなんとか(あまりあてにはなりませんが…)。確かに、弊社サイトよりも上位のサイトは不動産ポータルか、大手チェーン(FC)のポータルばかりではあります。日々ブラッシュアップしていることは確かでしょうが、そんなに一斉抜かれるかなあ…。どちらかというと弊社サイトの評価が落ちちゃったんじゃないだろうか…。

死活問題なので慌ててあれやこれやといじり倒したくなりますが、良くわからないうちに色々やるとマイナスの影響もありそう…。

 

前から気になっていたのは、不動産サイト特有の、物件検索結果ページが重複コンテンツになりそうなことと、物件検索結果ページのタイトルがあまり好ましくなさそうなこと。この辺の施策をしっかりやるべきなのかも知れませんが、なんとなく解せない。かつてパンダアップデートがあった時も影響はなかったし…。

かねてから、もう一段やっておいた方がいいかなあ、と思っていたこともなくはありません。簡単にできることと言えば、各ページのタイトルやらdescriptionを丁寧に見直すとか。いずれにせよ、どちらかというと技術的なこと。

 

しかし、思い起こしてみると、今年の2〜4月頃の間、入院等のせいでHPのメンテがかなり疎かになっていたことは確かです。サイト開設以来最低の頻度。うーん…。この辺の事情が影響しているのだろうか…。そんな気がする。しかし確かめる術はない。

あくまでも私見ですが、物件情報のメンテ自体はあまり影響ないように思うんですよね。あちらの物件を公開中止して、こちらを新規に公開して、みたいなことはあまり効果がないように思います。まあ、更新があること自体は意味があるんでしょうが。掲載物件数も全く意味がないわけじゃないでしょうが、個別の物件ページってオリジナルコンテンツとしての価値はあまり高くないんじゃないでしょうか(もちろん工夫の余地はあるでしょうが)。

しかし、一方で駅名とか地名とかとの組み合わせのキーワードについては、多少なりともそれらに関わるオリジナルのコンテンツ(記事)を用意することで一定の効果があるように思います。地域性のある話題、特にオリジナルな内容であればわりと強い効果があるような気がします。

実際、弊社サイトは、物件数はポータルには及ばないです。さらに、かなり掲載物件数が膨大だったりすごく減ったりを繰り返したのですが、その間の順位の変動もほとんどなかったです。この2年間。

ただ、オリジナルコンテンツの更新は最近全然できていない。ここが問題なのかもしれないなあ…。

 

正直、順位が下がったのは結構ショック。しかし、しばらくは技術的なことについては放置してみることにしました。ちょっと整えるぐらいはするかも知れませんが、あまりやりません。収集つかなくなるのが怖いので。というより、わかんないから。

一方で、地域性のあるコンテンツを増やすことにします。意外と辛い作業なんですが…。元々書こうとしていたこともあったので、ハイペースで書いて頑張ってみます。で、他のサイトを立ち上げたりもします。外部サイトにしているブログも統合しちゃった方がいいのかも知れませんね。ちょっと考えてみます。

 

所詮SEOについてはど素人なので、初心にかえってアクセスした人の役に立つことを中心にもう一度考えます。

 

さて、(やっとですが)売買仲介に向けて、業者営業もボチボチやろうと思っています。

関連記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク


関連しているかもしれない記事

griffin

グリフィンです。不動産業もWordPressも関わるようになってまだわずか。それを差し引いてお読みください。コメントはお気軽にどうぞ。

4件のコメントが “検索順位が下がってヤバいんですが、あたふたしないことにしました。” にあります

  1. グリフィンさん

    はじめまして。お昼休み中にネットサーフィンして貴社サイトに辿りつきました。
    私自身、SEOのコンサルタント業務を行っていますので参考にして頂ければと思いまして
    生涯初めて、人様のサイトへのコメントをさせていただきます。

    検索エンジンのアルゴリズムは目まぐるしく、私自身もついていくのがやっとな状態です。(笑)
    ただ、不動産業をされている方のサイトに対するコンサルティングをさせて頂いていますので
    参考にして頂けますと幸いです。

    昨今の検索エンジンが評価するサイトの傾向はおおよそ決まっています。
    施策を行った方が良いにはこした事がないのですが、重複コンテンツは順位に大きくは影響しません。

    自社HPで反響を取るためには、グリフィンさんが運営されているサイトの特徴で勝負するのが宜しいかと。
    私のクライアント様も、上記の手法でSUUMO・HOME’sさん相手に効果を上げています。
    施策の方向性としては、2つの施策を行います。

    1つ目は、通常の検索キーワードで勝負。
    例えば、地域名×賃貸 キーワードになるかと思います。
    これは、ただ施策しても上位表示は難しいので地域コンテンツを投下するのが効果があります。
    昨今の検索エンジンは、コンテンツが充実しているサイトを上位表示する傾向がありますので
    ポータルサイトと肩を並べるには必須の施策です。
    つまり、中小サイトが大手サイトに勝てる環境を検索エンジンは用意してくれています。

    2つ目は、グリフィンさんが運営されているサイトの特徴で勝負します。

    私のクライアント様は特定の地域で展開されている中規模の不動産企業様です。
    クライアント様の特徴として、未公開物件(非公開物件)を多く持たれていました。
    この特徴を生かして、地域名×未(非)公開物件キーワードで施策を行ったところ
    セッション数自体は多くはないのですが、問い合わせに繋がり易い見込み客の割合が非常に増加しました。

    グリフィンさんが運営されているサイトを拝見できれば、もっと具体的な施策もあったとは思うのですが…

    私自身、SEO施策は難しいと日々考えています。
    仮説と検証を何度も行って、確信に繋がるまで長い時間が掛かりますが
    Webからの集客の重要性が増すほど、やりがいも感じるところです。

    どうかグリフィンさんのサイトが、多くの集客が出来る事を願っています。
    長文となってしまい、申し訳ございませんでした。

    1. けむまきさん、はじめまして。
      記事では「あたふたしない」と書きつつも、やはり気が気でないです(笑)。そんな中、とても勉強になるコメントを頂き、本当にありがとうございます。

      重複コンテンツは順位には影響しないのですね。少し安心しました。

      サイト公開時の一番難易度の高い目標としては、「地域名×賃貸キーワードでトップページが3位以内」というものだったのですが、なぜか公開後数か月で3位・2位となり、その後2年以上最近まで変動なく過ごしていました(ちなみに1位になったことはありません、ホームズが強いのです…)。それなりのコンバージョンにもつながっていました。

      ただ、けむまきさんのおっしゃる「地域コンテンツ」という考えは自分自身にもあったものの、定期的にSEO関係のツールで確認しても順位が安定していたことと、顧客対応にあたふたして手が回らなかったことなどもあり、想定よりもかなり少ないコンテンツ量の段階で更新を止めてしまっていました。まさに慢心です。

      本当におっしゃる通り、「地域コンテンツ」こそが大手サイトに勝てる要素なのに、ここを中途半端でやめてしまっていたのは大きな間違いだったと思います。

      また、外部ブログで地域の話題を書いてリンクをはっているのですが、そこそこのアクセスはあるものの参照トラフィックなどは多くなく、こちらに書いた内容を賃貸サイトの方に入れ込んでおけばよかったのかもなあ、などと考えたりもしています。

      私自身、サイト運営するのはこのブログを除き、賃貸サイトが初めてだったので、本当にド素人の仮説と試行錯誤だったのですが、やるべきと思っていたことをやり切っていないことが最大の問題ではないかと思い始めています。バチが当たった気分です(笑)。

      しかし、まだやれていないことがある、ということは救いでもありますね。初心にかえりオリジナリティのあるコンテンツを増やしていくつもりです。

      一方、「地域名×未公開物件キーワード」という発想は全くありませんでした。現状、賃貸サイトでは未公開物件は登録していないのですが、ヒントにはなります。また、売買サイトでは未公開物件掲載の予定ですので、意識して取り組んでみようと思います。

      SEOのプロのけむまきさんに教えて頂いて、とても良いヒントになりました。ありがとうございます。くじけずにやってみます。

      機会あればまた覗いてくださいね。

  2. グリフィンさん

    お疲れ様です。
    フレンドリーテストも一服したかのように見えましたがそんなに大幅に順位が下がるなんて事が
    あるんですね。仰る通り他社との重複コンテンツが原因なのでしょうか。
    地域性コンテンツを物件ごとに1件1件載せていくのって結構大変な作業なんでしょうね。
    僕はなんでみんなこぞってポータルに掲載してサイト上のポータルの順位を上げたがるのかが
    よくわかりません(苦笑)自分たちの首を絞めているだけのように感じますが。。
    グリフィンさんの事ですので打開なされる事を期待しています。
    今後もブログ楽しみにしております。

    1. タカさん、こんにちは。

      問題がモバイルフレンドリーなら簡単だったのですが…。なかなか難しいですね。

      Googleのご機嫌を伺う作業はやっているうちに「俺は何やってんだ?」という気持ちになってしまいますし、せこせこしたことをやるのは面倒くさすぎです。大変ではありますがコンテンツを充実させる方が、アクセスした人にも意味があるし、結果的にSEO的にもプラスになると思うのでやる気はでます。やるしかありませんね。

      ポータルを本当の意味で有効に使えているのは、多額の掲載料を払えるところだけなのではないか、と思うことがあります。そういうところは割り切ってポータルを使ってたくさんの反響を得ているはずです。でも、それ以外の会社でも、他に頼れる露出先がないのが現実かも知れません。また、アットホームなどは、業者間流通に割り切って利用している業者さんもいるようです。

      いずれにしても、自前のHPで反響を取るのは本当に難しいというのが現実だとは思います。

      サイトに頼らない方法も考えなければいけないかとも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">