中古住宅診断を重説事項にする業法改正でインスペクションは普及するか。

中古住宅売買契約の際に、住宅診断について重説で確認すべしとする宅建業法の改正案を、国交省が今国会に提出するというニュースが数日前にありました。2018年の施行を目指しているそうです。

By: Pablo Romeo

中古住宅診断については、2015年6月には「既存住宅インスペクション・ガイドライン」が策定され、国交省はそれなりにやる気のある姿勢を見せているようにも思えるのですが、今回の業法改正が実現したとして何かが変わるんでしょうか。

参照: (PDFファイル) 既存住宅インスペクション・ガイドライン – 国土交通省

 

(さらに…)

関連記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

続きを読む