不動産サイトのスマホ対応作業が頓挫しちゃいました。

こんにちは。実はHPをレスポンシブなものに変更しようと年末年始作業していたものの、どうもうまくいかず、本日午前中にてめでたく作業は頓挫しました。

By: Stuart Heath

スポンサーリンク

今さらながら感はありますが、以前からHPのスマホ対応については気になっていました。

過去1年間で見ると、弊社の不動産サイトへのアクセスの42%はモバイル端末からです(ちなみにこのブログだと34%)。ある意味待ったなしな感じなのですが、私のような素人にとっては結構ハードルが高く感じられる作業でして、なかなか手をつけられず放置しておりました。

WordPressのプラグインWPtouchで対応させるという手もあり、不動産プラグインのnendebさんからもWPtouch用のテーマが無料で配布されていたりするのですが、どうも自分の考えにはぴったり来ず。

というのも、WPtouchで対応させると、私にカスタマイズ能力が足りないのでしょうが、物件検索中心のサイトになってしまって、望みの感じにならないんです。

当初はやはり不動産サイト(特に賃貸仲介)って物件をたくさん並べてその物件への反響とって仕事にする、SEO上もたぶんプラスだろう、的な考えで、実際かなりの数の物件を並べていたのですが、弊社への実際の反響は個別の物件に対してではなく、「良いいものみつくろって紹介して下さい」的なものが圧倒的で、アクセス履歴を見ても、訪問時に大した数の物件をチェックしている訳ではないんです。もちろん、桁が違うぐらいの物件数を並べれば結果は全然違うのかも知れませんが。

物件を並べる手間は正直半端ないものがあるので、昨年秋頃に物件数を10分の1ぐらいに減らして様子を見てみましたが、反響に影響がある実感はありません。加えて検索順位にも悪影響はまったくありませんでした。まあ、元々反響取れまくってる的なサイトだと結果は全然違うのかも知れず、弊社サイト特有のことなのかも知れませんが。ともかく、HPは弊社を知ってもらい顧客登録してもらうもの、という位置付けになっています。

 

というわけで、物件情報、物件検索を最優先には考えない、ということになり、また、今やモバイル回線のスピードも半端ないだろうということで、「見にくいけど拡大しながら見てね」と祈りつつ、PC用HPをそのままスマホに表示させる(つまり放置)状態を続けておりましたが、この度ちょっと頑張ってみようかと意を決して年末年始休みの深夜を利用して作業しておりました。

デバイスごとにテーマを切り換えるのではなく、一つのテーマでデバイス幅に合わせて最適表示されるように変更するのが目的。素人考えではSEO的にもこの方がいい気がするんですよね。

しかし、私には不動産プラグインを走らせながらのレスポンシブ化は思いのほか荷が重かったようで、うまくいきそうでいかない感じでした。不動産プラグイン抜きならなんとかなるんですが…。

いっそのこと、「物件検索機能なんて不要」と割り切って、不動産プラグインも外しちゃおうかなんて考えたりもしましたが、今の時期にやることではありませんね…。

とりあえず現状維持でという、何とも徒労感いっぱいの結果となりました。まあ、そんなこともあろうかと、あんまり仕事っぽくない気分でと深夜作業していたのですが、本日午前中にはっきりケリをつける意味で、「はいっ先送り!」と一人発声しておきました。

時期を見て仕切り直します。

 

自信を持って言えることではないですが、不動産ポータルとか大手FCチェーンのHPなどに物件数やら検索機能などで勝つ、と言うのは、いくら狭い商圏に限定しても並大抵のことで出来る事ではないだろうと思います。物件数などでは小さい会社でも徹底してすごいレベルに達しているところもあるとは思うのですが、今の自分には出来そうにありません。また私の場合は、そちらへ進むべきでもないかな、と思っています。

ただ、年末年始作業の目論見が外れてしまったので、格好つけのためだけに物件掲載作業を以前のように戻そうかなとも思っています。反響云々というよりたくさん並べること前提でデザインしたHPがスカスカだとやはり印象もよくないかもなあ、と。本当はあまり意味はないと思うものの、いまひとつ自信がなく一貫性がなくなっちゃうのですよね…。

 

実は、もう1個頓挫しているサイト作業があり、このとっちらかっている状況がとても気持ち悪いです。

正直、最近はPCに触ること自体が若干苦痛と化しており、また、年始早々のメールデータ消失・復旧で慌て、メインPCで使っているWindowsXPのサポート終了対応なんかも微妙に心にひっかかっていてウザったく、デジタルネイティブではないオジサンとしては、「めんどくせえ」を心の中で連発しているのが正直なところです。

そうは言っても、HPもメールもPCのセキュリティも、欠かせないどころか、無いと商売が成り立たないので文句言ってないでやろうと思います…。

 

 

Windows8が好きになれないのが痛いです…。

 

関連記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク


関連しているかもしれない記事

griffin

グリフィンです。不動産業もWordPressも関わるようになってまだわずか。それを差し引いてお読みください。コメントはお気軽にどうぞ。

4件のコメントが “不動産サイトのスマホ対応作業が頓挫しちゃいました。” にあります

  1. 私の中でXPと7はあまり変わらない印象です。怖がらなくても大丈夫かと(笑)。

    Chromebookはかなり安いので、次に買うときには視野にいれる予定です。Googleコンタクトを使っているので、Googleに完全に囲い込まれています(笑)。

    1. 7は仕事用ノートで、8は家族用の方で使っているので、8にするよりは7かなあと思った次第なんですが、どっちにせよOSのバージョンアップは面倒です。
      メインPCはまだスペック的にはいけると思うので買い替えがもったいない、というか予算が問題なのですけどね(苦笑)。

  2. 最高のWindowsパソコンは、Apple社のMacだいう結果がアメリカのサイトでは出ることがしばしばあります。ここは一気にMacに換えて気分転換を図ってみるのも手かもしれません。たとえばhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51901837.htmlにあるように、仮想マシンでWindowsを走らせるといいですよ。なお、私は家ではMacを、会社ではWindowsを使っています。

    グリフィンさんはAndroidスマホをお使いなので、ひょっとするとChromebookもいいかもしれません。わたしもAndroidスマホを使っているので、Googleから離れられません(笑)。

    1. MacもChromebookもいいかも知れませんね。試してみたい気もしますが、結局はWindowsPCになってしまう予感もします(笑)。

      それ以前に、出来れば新しいPCなんか買いたくもなく、OSのアップデートなんかも面倒臭すぎの上に急場しのぎにしかならない気もしますが、たぶんWindows7へのアップデートになっちゃうかなあ、と思います。

      私にとってはXPはかなり気に入ってたOSなので、前々からわかっていたこととはいえ、マイクロソフトに「サポート継続しろよ!」と全力で叫びたい気分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">